鬱だった私が鬱の治し方を教えたるわ

鬱だった私が鬱の治し方を教えたるわ

どもーサムハンキンポーです~。
今日もファンブログから記事を載せます。
恥ずかしい過去も役に立つ時がきたか(笑)
ではでは~。

なーんか
精神的な病を抱えている方が増えている印象でござんす
なーぜだ?

それはだね
病名を付けたからだ

本来病気ではないものを病気にすることで安心する

病気ではないけど何故か調子悪い
病名が分からないと対処できないと思い 不安になる

中には体調悪いけど 周りの人に訴えても分かってもらえないパターンもあり
仕事を休むとチクチク小言を言われるから 無理して働いて苦しい思いをする

そうなるとこう思うだろう

早く良くなりたい→原因を知りたい→原因を知ることで治せる&周りに理解してもらえる→楽になる

これで問題解決できればいいのだが 不安になると錯覚するわけ
問題解決より この自分の問題が大したものかどうか
他人の目を気にする人は 「大したものではなかったらどうしよう」 と案ずるようになる

つまり病気でいた方が自身にとってメリットがあると知り
そこがその人にとって大事な問題になってしまうということ

オーマイガー

私も鬱を経験したことがあり 苦しんだ
その間はずっと引きこもっていた

ずっと無限ループしている感じで 暗闇の中をさ迷った
もがいても もがいても どうにもならず 自分を責める日々
となりの芝は青く見え 焦り苛立ち
かといって何かをするわけでもなく
結局は居心地の良さと 外の世界に尻込みから アクションが起こせずにいた

この状態を周りに責められやしないかと怯え
それに備えるために言い訳の材料をこしらえる為に 自分で自分を責めては どんどん闇に堕ちていった
親にも酷い言葉を投げかけたりしては 一人部屋の隅で泣いていた

まぁ要するに私は面倒くさいやつだったのだ

こんな私が鬱を治せたのはいくつか理由がある
それを紹介していこうと思う

・医者や薬に頼らなかった

まず 一番デカいのがこれ
普通は薬を処方してもらって どうにか凌ごうと思う
私もぶっちゃけ薬を飲もうか何度も迷った
しかし本能的に 頼りだしたら危険な気がして 堪えた

実際 今になって分かるのだが このような問題は

自分自身でしか解決できない

そう思う
薬はあくまで一時的に楽になるけど 治ることはない
そうなると飲み続けなければならない

おかしいと思わない?

治したいのに 治らないからと薬で誤魔化していくスタイル
そしてお医者さんによっては 親身になってアドバイスくれたり 薬も徐々に減らしていくようにはしてくれるが
中には薬を利益の為に沢山処方しては 治らないからとずっと付き合っていくしかないと言って希望を奪う人もいる

何も知らない人は 先生の言うことが正しいと思い
「これは治らない病気なんだ」と信じこむ場合もある
精神病院とかに行った日にゃあ 入院させられる始末
私は入院したことはないが 経験がある知り合い曰く「地獄だった」とのこと

まぁ話が逸れたが 鬱は自力で治せる というか自力でしか治せないと考えた方が建設的で希望がある
他人に頼りだすと依存してくる
それは人に限らず薬もだけどね

依存しだすと相手に期待し 心配してほしいとか優しい言葉をかけてほしいとか思う
それが思い通りにならないとイライラしたり傷つけてしまう
非常に質が悪く面倒くさいから 過剰に心配しすぎない方がいい
一定の距離を保ち「あなたの問題」だということを分からせよう

本質から目を逸らさせず向き合わせないと一生続くと思った方がいい

何度も言うが 自力で治せる事を自分自身にわからせることだ
そこで直面するから

治すことのメリットより 治らないことで生じるメリットに執着していることに

例えば
今まで誰にも心配されなかったけど鬱が治ったら私は誰からも相手にしてもらえなくなるのではないか とか
鬱だったら会社を休めるし または仕事しなくても理由があるから許されるけど 治ったらこれが通用しなくなる など

こんな感じの考えが心の片隅にあると 治したいと表面的に考えても 実際には中々回復に進まない

だから「治ったらこんな良いことがある」「治ってからこんなことをやってみたい」みたいな感じで
治ったことによるメリットや 自分がやってみたかったこと等を 考えてリストアップしてもいいかもしれない

本腰いれて治そうと思えば 後は具体的な方法を行えばOKだ
それは後でお伝えしよう

・考え続けた

続いての理由だが 考えたから
いや

「考え続けたから」

自分が何故こういった状態になったのか疑問に思ったことはないかしら?(なったことがない人はごめんね♪)
鬱状態ってかなりキツくてしんどいから 何も考えたくない
だけど何もしないから 沸々と雑念というか思考が出てくる

そうなると そこばかりにフォーカスして 「治すためにどうすべきか」という改善策を考えるどころではなくなる

そして辛くなるから蓋をしようとしたり 見ないふりして逃げようとする
益々 根本的な問題から遠ざかるわけだ

もののけ姫に出てくる祟り神だったかな
あの もじゃもじゃした気味の悪いものを雑念や思考(エゴ)だとする
もじゃもじゃ君は私を飲み込もうとし それに対して恐怖や畏れから引いてしまう

しかし もじゃもじゃ君の中には問題の本質という名の おっことぬしがいる

おっことぬしの所まで辿り着くには 考え続ける必要がある
もじゃもじゃ君が出て来て そこにフォーカスしても耐える
というか冷静に そのもじゃもじゃ君を俯瞰で観ると 大したものでないことが分かる

もじゃもじゃ君は見破られると小さくなり やがて溶けて消える
そうやって進んでいくと本体に行き着くわけだ

そこで初めて自分の心と向き合うのだが
ここからが勝負
というか勝ち負けでなく 純粋な疑問になっていると思う
そこには若干の好奇心もある

ここで自分に余裕があって気持ちが穏やかになっていることがわかる

後はどんどん地下深く進むように 質問しまくるだけ

・なんで鬱なの?→苦しいから

・何故苦しいの?→辛いことがあったから

・どうして辛いことがあったの?→仕事が重労働でしかもそこの社長がワンマンタイプで私ばかり責められて…辞めたけど周りに根性がないと責められたから辛くて

・なんで責められるのだろう?→自分が気が弱くてオドオドしてるのが原因じゃないかな…後キツいと逃げ出すから根性がないのだと思う

・なんで気が弱いの?そしてキツいと逃げ出すのは本当に根性がないから?→父親が厳しくて怯えながら生活してたのが原因かな…周りから言われるから根性がないと思うんだけど

こんな感じでどんどん深堀りしていってほしい
気付かなかったことを発見できるのと 段々と分かってくる
何が分かるかというと

際限なく終わりがないこと
問い続けた先に答えがないこと

これね

ここに辿り着いた瞬間 フワッと何が変わる感覚がやってくる
言葉では言い表せられないのだけど 拍子抜けした感じに近い

私の場合めちゃくちゃ時間がかかった
果てしなく長く キツかったけど 個人差ありそう

まぁこんな話したら嫌がるだろうけど一回乗り越えたら また鬱が襲ってきても対処できるようになるよ

・部屋の片付け及び整理整頓

さて 鬱は治る そして自分と向き合えば大分変わるとお伝えした
これで気持ちが少し前向きに傾いてくるはずだ
そこでようやく動けるという人もいるだろう

ここからは具体的なアクションプランをご紹介していく

まずは自分の部屋がどうなってるか確認しよう
自分の部屋は自分の心を写し出すと言われているように メチャクチャな状態だと精神面も不安定になってたりする
逆に言えば 部屋の掃除 片付けや整理整頓によって気持ちも変わる
心の掃除でもあるというわけだ

これはバカにできない大事な作業の一つだ

ちなみに既に部屋が綺麗な場合(そのパターンあるのかしら)古いものや要らなくなった物を捨てたりするといいかも
断捨離というやつだ

部屋の空気を良くする又は流れを変えることにより 気持ちも良い状態を保てるからね
ぜひともやってみてほしい

・太陽の光を浴びる

お次がこれ
割とよく聞くんじゃないかな
まぁ調べれば沢山情報が出るから手短にさせてもらう

太陽のエネルギーによって精神面に良い影響がもたらされるわけだが
身体にも大事な栄養素を取り込めるみたい

光が心を明るくさせ気持ちを前向きにさせ 活力を与える
外に一歩踏み出して太陽のパワーを感じよう

ちなみに個人的な意見だが

一番良いのが 朝日だ

一日の始まりとしてエネルギー的にもオススメ
後は昼間の太陽くらいかな

出来れば避けてほしいのが夕日
一日の終わりとなるエネルギーで 夕日のサンセットビーチとか見たことある方は分かるだろうが 寂しい気持ちになる
なのでオススメしない

気持ちが沈んでしまっては意味がないからだ

・シンプルに運動

最後はこれだぁ

単純に走ってもらった方が有り難い
それも長時間が好ましい(大体一時間)

短時間だったり 歩くだけだと若干効果が落ちるみたい
まぁ 交感神経が優位になることと 汗をかいて少し息切れするくらいの運動でアドレナリンや 幸せを感じるホルモンが出てくるみたいだから 最初は無理にやれとは言わない

しかし出来そうであれば 本当に超オススメ

夏場とかでキツい場合 最悪 早朝に(朝日を浴びれたら尚良し)ラジオ体操をするのもありだ
ラジオ体操をガチでやると結構キツイし汗も割りとかく

後は筋トレもいいね
キツイやつ ヒーヒー言うやつ

この運動が出来るようになれば もう治ったも同然に近いが如し

素晴らしいよ

・まとめ

こんな感じで鬱対策をご紹介してきたが いかがだったかな?
既にこういった情報が出てるとは思うが 最近鬱関連の相談を受けていたので なんか書いてみたくなったの

最後のアクションプランが出来れば余裕だからね

個人的に最大の壁となりそうなのが

「鬱を治せると理解したが それを自分でブロックしてしまう」 ということかな

二番目の考え続けるは 結構キツイし果てしなかったから 無理に勧めないのでね
最初で「治らない場合のメリット」に執着する自分認めて 責めずに許してあげれば 大丈夫

自分を責める(癖を)のを 全部許しまくってあげた方が 楽にクリアできると思うよ

周りから何かを言われても自分だけは味方になってあげてね
生きてたらどうにでもなるから
そのスタンスで活動した方が少しは楽じゃね?

そして自分の心との対話や掃除や運動は定期的にやっていきましょう
庭の手入れみたいなもんだと思ってね
歯磨きみたいなもんだと思ってね

良い状態を保ち続けることを意識しよう

最後に
病気や悩みは自分でしか治せないわけで 他のあらゆる手段や方法は アシストにしかすぎないということを忘れないでほしい

だから自分はスゴイし感謝できるよね
そうなると自分をもっと好きになれると思うんだよね

そうなると甘やかしたくなる気持ちもわかるわ

なんつって

何かヒントになれば嬉しいです

はい。

↓毎度ながらクリックありがとうございます‼

お名前.com



コメント

タイトルとURLをコピーしました