仙台と本とカップルや家族のお陰で気付けそうです

日記

仙台と本とカップルや家族のお陰で気付けそうです

先日の旅行のお陰で携帯のバッテリーの補充が間に合わん

旅行先で充電器をなくしたという話をしたが 気付いたのが夜行バスに乗れなくてパニクった時だった
急いでファミマで即席のバッテリー充電器を買ったが
めっちゃ時間かかるしタブレットに至っては 30~40%くらいしかたまら~ん

ひやひやするぜぇ~

しかしねぇ

今回の旅で考えさせられたわ

周りの旅行者は 当たり前なんだけどカップルや家族がいたり 友達と訪れている人もいたわけだが
一人で良かったと思った

逆にとあるカップルの彼女さんが私を見て
「なんか一人で寂しくないのかなぁ。かわいそ~」と彼氏に呟いていたんだけどね

確かに誰かと行くことで楽しく感じるだろうし 喜びも二倍で 少しはいいなぁとも思う

だけど自由がきかないのは 正直キツい

特に周りを見ていて思った

とある景色をのんびり眺めていたら 隣で「ほら早く行くよ」と急かされている夫婦を見たり
「もう少しこれ見ていい?」と聞かれ「良いよ~♪」と言う割には明らかに退屈そうなカップルを見た時に

【一人で良かった】 ってなったわけだ

しかもお金の出費を抑えるべく ネカフェに計三回お世話になったが
人と一緒だったら気をつかって ネカフェ行こうと言えない(一回は言うけど)

そうそう

三回目のネカフェでマット席にしたのだが 隣の部屋に入ってきたオジサンがヤバかったわ

酔っぱらってたのか 大きな声で独り言を言いながら(誰かと話してる風に)部屋に入ってきたのだが
夜中だったので寝静まってイビキの音がこだましている中で

「うわあぃやあらあぁわあああああああああああ」

と言葉とは思えない奇声をあげ 定期的に叫んだり

「くそ!あぁ!」とキレていたりとヤバかった

よりによって隣とは
なんと引きの強さ

まぁ つまり 五月蝿すぎて一睡もできなかった(ちなみに一回目も寝てない)

こんなのを知ったら尚更提案できないわけで
一人だからこそ どんなところでも 平気だと思える

だからね

旅は一人の方がいいなぁと感じたわけだけども

普段の生活も同じことが言えるのだろうかと ふと考えてしまった

それに追い打ちをかけるように 村上春樹の「騎士団長殺し」を読んでいたのだが(今現在も)
結婚云々よりも生き方というか 【本当に自分が求めているものをやれ】と言われている気がしてならない

主人公は大切なものを失い(奥さんね) そこから今までやりたくても出来なかったこと(本人はやりたかったことと気付いていなかった)をやることになる

これが良いのか悪いのか分からないが 少なくとも殻を破り 新たな境地にきたわけだ(途中だからこれからどうなるか分からないけど)

ほんと いつも良いタイミングでどんぴしゃなのを読んじゃうのねぇ

ということで 仙台の街並みを眺めながら 本を読みながら 自分の今後の事をあれこれ考えてたわけだ

しかしながら ロンリーロンリーではない

衝動に気付いて この衝動に対してどうすべきかを考えている
どうせ答えは決まっているのだが
新しい枝に対してどうしようかという点に 思いを巡らせているわけだ

衝動を抑え込んでしまったら 私もあのネカフェのオジサンのようになってしまうのだろうか
やり場のない憤りを ところ構わずぶつけて奇声をあげているのだろうか

まぁ朝になったら大人しくなってたけどね

とりあえず私も充電しなければならないな
スマホどころじゃないわ ワシじゃ ワシなんじゃあ

まぁ言うて 休むとかではなく 「騎士団長殺し」を最後まで読みたいな

毎度思うんだけど 何か失ったと感じた時に 村上春樹の作品読んでる気がする
そしてたっぷり共感して感情に浸ってる

そんな私はナルシストかしら

フハハハハハハハ

今さら愚問だったわ

ほんと今さらだよ

はい。

↓クリックしていただき誠に誠に誠に ありがちょーん(我 独眼竜正宗 也 成 なーり 新しい眼帯ほしいなーり)

お名前.com

ないものはない!お買い物なら楽天市場



コメント

タイトルとURLをコピーしました