テレアポのとある層の方達に物申す(説教と愚痴入ってます)

テレアポのとある層の方達に物申す(説教と愚痴入ってます)

個人で仕事を始めると色々な事が起きる

良いこともあれば 反対に困ることもある

困ることの中の一つにあるのが 「営業の電話」がくることだ

最初に言っておくが

キチンと挨拶して名乗り 応対などしっかりしてる方は別ね

向こうも仕事を取りにいこうと必死なのだろうし
誠実な感じだとこちらも求めているサービスであれば聞こうと思えるからだ

何より無駄な時間にならないから迷惑に感じない

しかし一方で

態度が悪かったり

話を強引に進めようとしたり

挨拶もなければ名乗りもせず いきなりガンガン話しまくってきたりする人がいる

酷いときは 私が取る気がないと分かった途端 一方的に電話を切る輩もいる

正直腹が立って暴れる君になりそうだったが堪えた

一番メンタルがやられそうになったのは

上記に挙げた態度がよろしくない 応対がまともにできない人達からの電話ラッシュがきまくった時

すごいときで一日に30件きたことがあり お客さんに非常に迷惑をかけてしまったことがある

電話とらなきゃいいじゃんと思われるかもしれないが

始めて利用されるお客さんからの問い合わせもあったりするから 知らない番号は取らざるを得ない

しかも営業の電話番号を着信拒否にしても すぐに電話番号を変えてくるからどうしようもない
(あるいはこういう会社が沢山あって 本当に違う会社なのかもしれないが)

まぁそんなことはどうでもいいが

本当に困ったわけだ

これにプラスして態度がよろしくないから最悪でしかない

私とお客さんの時間を奪うだけ奪って 自分のことしか考えないのは ヤバイと思うよ

思い通りにいかないのはガックリくるし 良い気分にはならないだろう

私も連チャンできたりすると若干イラついた態度を見せてしまうから そこは申し訳ないと思う

しかしね

そもそも私はそちらのサービスを求めていないわけで
無理してアポとって時間を潰して契約してあげるほど余裕もなければ 優しくもない

特に横柄だったり高圧的な態度で話されたら 嫌な気分になる

私も反省するが あなた達も改めた方がいいよ

同じ職場にも素晴らしい応対ができる人はいると思うから見習った方がいい

さて本題

ここからは本当にちゃんとしなきゃいけない人間に物申すわ

先程言わせてもらった 態度がよろしくない方達も改善すべきであるが

この方達を指導している方は どういう教育をしているんかいな

あなた達 上の立場の人間が見過ごしていいものではないと思うよ

ただトークスプリクト通りに言わせておけばいいと思ってるのかしら

部下の様子を見て正すことは正さないといけない

じゃないと私のような個人事業主はもちろん 大きな会社なんて とてもじゃないが相手にしないだろう

私自身も痛感していることだが

簡単に信用を築きあげることはできないからね

応対がまともにできない人は アポとりさせない方がいい

例えパートだろうがアルバイトでも
その会社の代表として電話をかけていると自覚させることが先決じゃなかろうか

その一回の電話で「この会社はダメだな」と判断されるから

人材の育成をしっかりした方が懸命だ

あともっと言うと

その人のせいで この業界自体の印象が悪くなるまである

他社にも迷惑をかけてしまうのはマジでヤバイからね

ある意味でバタフライ効果みたいなものでもあるな

蝶々の羽ばたきはかすかな風を起こすが 遠い国で竜巻に変わると言われている

ちょっとした態度や言葉遣いが 後々 大きな影響を与え 自社や業界全体にダメージを与えることになるよ

ということで

一番の問題は上司や指導者ということになる

まったく

困ったもんだなよ

ちなみにアドバイスしたいことがある

トークスプリクトの内容を変えた方がいい

どこの会社も 【具体的にどんなサービスか?】というところをぼかして会った時に説明する作戦なのだが

これでアポ取れると思わない方がいい

興味を持たせてプレゼンにこぎつけたいのは分かるが

最初に知りたいことが分からないとスルーされて終わるだけだ

【具体的にどんなサービスか?】をちゃんと説明しないと わざわざ時間を確保して会おうなんて思わない

もう言っちゃった方がいい

電話で既に時間を頂いているわけだから そこで勝負すべきだ

良かった点は

最初に概要を伝えて 相手側の問題点とこちらのサービスがマッチしているか確認していた会社がいたが

合理的で良いと思った

これで「うちは特に問題ないです」と相手側に言われたら
挨拶と時間を取らせたことの謝意を伝えて さっさと次に行けばいいからね

お互い手間が省ける

ここに【具体的なサービス内容】【料金体系】が入れば マッチした方は高確率で聞く

実は一人だけこのやり方をしてきた人がいて 少しだけ心引かれた(応対も素晴らしかった)

ダメな会社はマッチしてないのに下手に粘ること

必要ないと言ってるのに粘っても 自分自身の精神を消耗させるだけだし
失敗体験を色濃くしてセルフイメージを下げるだけだから やめた方がいい

何のために問題点を聞いて自分の会社のサービスを伝えているのか しっかり考えた方がいいよ

次に

もしテレアポ担当とプレゼン担当で別れているならだが
テレアポ担当はサービスの内容とメリットとデメリットをしっかり把握してないと 上手く説明できない

だからテレアポ担当も ちゃんと自社の商品を知る必要があるということ

ただトークスプリクト通りに喋ってアポ取れると思ったら大間違い

これね
聞いてる側は分かるからね

後は自分で話していて内容の薄さに気付けると もう一段レベルアップできると思うよ

自社の商品がメッチャ良いものだと思うだけでなく デメリットもちゃんと伝えられることが信頼に繋がる

こうしてみるとテレアポの仕事も工夫したら面白くなるだろうし 結果も出てくるんじゃないかな

上司や指導者はもうちょっとマネジメントに力入れたら 部下達のモチベーションも上がって
会社全体も盛り上がってくるんじゃないの

恐らくフィードバックもしてるんだろうが 実際のとこどうなのかしら

最後に一番大事なことをお伝えしよう

【相手側の立場を考える】

これですわ

これが根幹にあれば態度が変わり 言葉が変わり 声が変わる

マインドで印象はガラリと変わる

自分の仕事で相手が幸せになれば これほど嬉しいことはない

人の役に立ったと感じるのも悪くないよ

自分を変えられるのは自分だけだから

変えたってや

私もどんどん変わっているけど 小気味良いぞ

以上になるが
後半のアドバイスはシンプルだけど役に立つと思うよ

上司も部下も頼むぞ

ところで
私は愚痴を言いたかったのに 何故アドバイスなんかしてるんだ?

私も愚痴のトークスプリクトを作ろうかしら(意味分からなくて草)

はい。

↓何卒クリックよろしゅうたのんますぅ

お名前.com



コメント

タイトルとURLをコピーしました