情緒と時間と時々漫画

情緒と時間と時々漫画

いやー

今月も終わったなぁ

おつかれさんでした

やべーあっという間なんですけどー

早いにもほどがありますよー

と文句を言ったところでどうにかなるまい

分かっているさ

振り返ってもやつはいない(織田さん~ずっちーなぁあ~)

だけど振り返りたくなるのは懐古主義者だからとかではない

時間の経過に情緒を感じ それに対して思い耽るのが私の楽しみだからだ

しかしながら私だけではないと思うがな

特にこの時期は時間のスピードが変わる

この変化も楽しみたいところだ

いつからだろう

寂しさが味わい深く 悪くないと思うようになったのは

子供の頃からその感覚はあったけど はっきりとは覚えていないが

漫画で寂しい秋の良さを教えてもらったのは覚えている

めぞん一刻は秋だけでなく それ以外の季節も楽しめる

特に春と冬は見物だ

きょーこさんより季節が好きじゃあ~(ここから二人の恋が始まったと言っても過言ではないだろう)

一番秋の良さを出しているのは

小さな恋の物語

モンゴル800の方ではない

チッチとサリーの方だ

シンプルに秋を表現しており切なくもなる

小さな幸せって一番素敵なんじゃないかなと思える

情緒から学べるものは沢山ある

是非読んでみてほしい

さて

短い秋だけど

楽しみましょう

はい。

↓毎度ながらクリックしてくださりありがとうございますぅ~♪

お名前.com



コメント

タイトルとURLをコピーしました