星の王子様が望遠鏡を覗きこんでたわけで

星の王子様が望遠鏡を覗きこんでたわけで

見えないものを見ようとして望遠鏡を覗きこんだら

見えるのかしら

もし見えるのなら奮発して望遠鏡買うわ

ただ見えなかったら

分かってるんだろうなあぁ!?

なーんて脅すようなマネはしませんよお

大袈裟なフリを持ってきたぁ

始めようか

変態観測

ヤバミなやーつ探して~(これを自意識過剰とも言う)

見えないものを見ることができそうなやつに心当たりがある

イタコさんでも霊能力者でもない

星の王子様に出てくるキツネだ

やつなら見えないものを見ることができるかもしれない

何故ならば見えないものを理解しているからだ

見えてるものしか認識しないやつは こんな意識を持たないだろう

見えないものに意識が向かないからだ

当たり前じゃん と思った方はドンマイ

私から何も言うことはない

これからも普通に生活していけばいい

バイビー

さて続けようか

見えないものを見ようとしているのであれば

それを既に認知しているわけだから 言ってしまえば半分見えているようなものだ

というのも そうじゃなきゃ

そもそも見えないものを見ようと思わないでしょ

見えないものを認識しているから

見たいと思うんじゃないの

だとしたらだ

可視化できない情報を違う形で受けとれば

それを見えたと言ってもいいのではないだろうか

例えば

耳で見ると言ってもいいだろうし

鼻で見ると言ってもいいだろう

聞くのも嗅ぐのも 情報を受け取っていることに変わりはない

性質が違えども総称されてるものは本質に同じ意味を成している

だから見えていると認識してるのも間違ってはいない

もしこれがまかり通るのなら

五感以外のもので見ることも不可能ではないはずだ

第六感というものだ

まぁ変な男の戯れ言だったと思って気にしないでくれ

最後に推測させてもらえるなら

キツネは第六感だと思う

第六感で見ることで 自分にとって大事なものを 可視化することができるのだと

サン・テグジュペリは言いたかったのではないだろうか

じゃなきゃ

大切なことは目に見えない

なんて言わないと思う

私はどんな形でもいいから 見えないものを見たい

はい。

↓今日もクリックしてくださりありがとうございます‼

お名前.com



コメント

タイトルとURLをコピーしました