静寂が確信に変わるということ

静寂が確信に変わるということ

静かだ

音もない

風もない

波紋すらない

しんと静まり返っている

先程までの喧騒が嘘のようだ

焦りはどこへいったのだろうか

わからない

不安が募っていたものがぽっかり消えている

何も感じない

無だ

死ぬときもこんな感じなのかな

それぐらい落ち着いている

さて

一体どうなるのだろうか

もはやジタバタするのは無意味だから 委ねるだけなのだが

こんなに幸福を感じているとは

ははは

今日も良い天気だった

平和が一番

そう思えるほど心に余裕がある

うん

大丈夫

何故なら大丈夫だからだ

大丈夫じゃなかったら 今ここにいない

私は生きている

誰の人生でもない 私の人生を生きている

紛れもない事実だ

それはある種 奇跡かもしれない

そのことに気付けたのは私にとっては大きなことだ

いける

もう堂々としていよう

だって 良くも悪くも変わらないから

ビビっていたところで何のメリットもない

変わっていくことに勇気を持とう

大丈夫

何故なら大丈夫だと思っているからだ

それが全てだ

はい。

お名前.com

無料カウンセリング実施中!パーソナルトレーニングの【REVIAS】

コメント

タイトルとURLをコピーしました