批判や称賛に対する執着を手放した方がいい件

批判や称賛に対する執着を手放した方がいい件

私達は批判しあっている

何故だろう

批判しあうのは非常に疲れる

それを利用する者もいるのだが 私には真似できない

何故ならそこに使うエネルギーが惜しいから

その使ったエネルギーに見合うリターンがあれば ビジネスに活かしたいのだが

リターンがあっても長くは続かないような気がする

それでも批判は消えない

多分 称賛があるからだろう

称賛が存在する限り 批判も同じく存在し続けるだろう

だから称賛が消えれば批判も消えると思う

もし批判と称賛が消えたらどうなるのだろうか

人や物事に対して興味を失うのだろうか

興味を失ったらどうなるのだろうか

自分だけを見るようになるのかな

もし愛が消えないのであれば興味を失ってもいいんじゃないかしら

よく人や物事に興味を失ったら人間らしくないから 批判は大事だみたいに言う人がいるけど

どうなのかしら

じゃあしょうがないねで済まして また批判しあうのは 一種の怠惰ではないのだろうか

人間の意識を進化させたいのなら 批判や称賛への執着を手放した方がよろしおますが

それをつまらなくなるかもしれないで 見て見ぬふりをするのは 完全なる恐怖心や不安によるものじゃないかな

勇気を出して そのマイナスの感情を手放したら 平穏や安寧が待っていると思うよ

だから怖がらないで

批判や称賛が産み出すものは虚栄心という偽物しかないんじゃない?

偽物を一生懸命 本物だと思い込もうと頑張っているだけじゃないかな

怖い?

まあ私もビビっている

だけどさ

自己の魂は既に磨かれているんだよ

認めてほしいな

批判や称賛は甘い快楽でもあるから離したくない気持ちも分かるけどさ

所詮すぐに消えるシャボン玉みたいなもんだから

消えたらまた吹いて

現れたシャボン玉に一々リアクションとって 感情が暴れだしては一喜一憂する

疲れない?

というか飽きない?

というかバカらしいと思わない?

そもそも分かる?

分からないよね

色んな麻薬に侵されてるから仕方ないのかもしれない

だが

それでも言おう

批判と称賛から卒業した方がいい

それが進化する為の条件だ

二極化という言葉は嫌いだけど もう認めざるを得ない

かなり二極化が進んでいる

人間も人間を捨てようとしている

これもシナリオ通りなのかな

シナリオを書いたやつに聞きたい

どんな気分?ってね

まぁ私は私で行かせていただきやす

良い時代になったね

はい。

お名前.com

無料カウンセリング実施中!パーソナルトレーニングの【REVIAS】

コメント

タイトルとURLをコピーしました